半導体アナライザ DCA75

ネットサーフィンをしていると,半導体アナライザなる物が目に留まり,調べると,
相当優れものということが分かった.
最近では,古い電子機器の修理が多く,トランジスタの良否判定に時間がかかっていた.
これを使うと,Hfe-Vce,Ic-Vceのデータがとれて,しかもそれを,グラフにしてくれるという
願ったり,かなったりの製品である.

扱っていりのは,秋月通商で,DCA55とDCA75の2種類あり,大きな違いはカーブトレーサ機能が
あるかどうかで,価格は倍になる.
さらにUSBでPCと接続でき,記録も可能なので,迷わずDCA75にした.

さっそく気になっていた,リニアアンプのトランジスタTH100(2SC2290)をチェックする.
この石は,2SC2290のマッチドペアーを,今はなき東京ハイパワーがTH100として自社のリニアに
採用していた物で,テストするには,最適と思われる.

次ページへ

寸法は103x70x20mmで手のひらくらい.上の写真は接続していないと警報がでるので,
手元にあった2SC429を取り敢えず計測したもの.

結果は4ケともHfeは11で揃っていた.と同時に使用可能と分かり,動かない原因は他に
あることが判明した.

ホームへ